地域情報の検索・一覧 R500m

エターナル・アフリカ展・多摩美大美術館  

R500m トップ >遊・イベント >博物館・美術館 >東京都の博物館・美術館 >東京都多摩市の博物館・美術館 >東京都多摩市落合の博物館・美術館 >多摩美術大学美術館
地域情報 R500mトップ >小田急多摩センター駅 周辺情報 >小田急多摩センター駅 周辺 遊・イベント情報 >小田急多摩センター駅 周辺 博物館・美術館情報 > 多摩美術大学美術館 > 2019年8月
Share (facebook)
多摩美術大学美術館(小田急多摩センター駅:博物館・美術館)に関する2019年8月21日のブログです

多摩美術大学美術館  7月27日~10月14日白石賢二 アフリカコレクション「エターナール・アフリカ」アミルカル・カブラルの革命思想と ジョージ・リガランかの芸術ー「これが私たちの家族です」    エナメル・合板  リランガ 「ヒロシマにす...このブログを読む

※この記事はブログ検索によって自動作成されました。

多摩美術大学美術館

このブログを読む 多摩美術大学美術館 の詳細

東京都多摩市落合1-33-1 
TEL:042-357-1251 

多摩美術大学美術館 に関連するブログ

  • 2019-08-21
    エターナル・アフリカ展・多摩美大美術館  
    多摩美術大学美術館  7月27日~10月14日白石賢二 アフリカコレクション「エターナール・アフリカ」アミルカル・カブラルの革命思想と ジョージ・リガランかの芸術ー「これが私たちの家族です」    エナメル・合板  リランガ 「ヒロシマにす

  • 2019-08-04
    エターナル・アフリカ*森と都市と革命
    多摩美術大学美術館という小さな美術館に「エターナル・アフリカ*森と都市と革命」展を見に行きました。
    アフリカ文化や思想、政治の研究者として、そして、ぼくにとっては何より、アフリカのポップ・ミュージックの紹介者として思い出される亡き

  • 2019-07-28
    「多摩美術大学美術館白石顕二アフリカコレクション エターナル・アフリカ*森と都市と革命 ーアミルカル・カブラルの革命思想とジョージ・リランガの芸術ー」展
    多摩美術大学美術館にて、「多摩美術大学美術館白石顕二アフリカコレクション エターナル・アフリカ*森と都市と革命 ーアミルカル・カブラルの革命思想とジョージ・リランガの芸術ー」展が始まりました。
    http://www.tamabi.ac.

  • 2019-07-14
    多摩美術大学美術館へ
    多摩センターの多摩美術大学美術館へ古布-無名の妙- /坂田和實・収集の審美明日、15日まで古道具がそのままアートとになって、、現代美術か、ダダか、デュシャンか、、に繋がっているよなーなどと思いながら眺める細長い麻の袋、皆、つぎはぎしてあって

  • 2019-06-23
    古布―無名の妙― 坂田和實・蒐集の審美。
    多摩美術大学美術館に「古布―無名の妙― 坂田和實・蒐集の審美」を見に行った。
    2019.6.1.sat- 7.15.mon
    1階の展示室は、不思議な形の空間。
    坂田さんの展示は、展示物のそばには説明がなく、出展リストで番号を確認して内容を見

  • 2019-05-17
    多摩美術大学美術館  藪野 健 展 
    自転車で10分、多摩センター駅近くの お馴染みの「多摩美術大学美術館」で「時空散歩・藪野 健 展」4月4日から開催されている。なかなか行けず、5月19日最終日前の5月15日 午前中、ちょっと一人で自転車で行ってきた。藪野 健という画家は  

  • 2019-05-03
    連休中~電車でのお出かけ
    「多摩美術大学美術館」で開催されていた、藪野 健氏の「時空散歩」を観に行ってきた...

  • 2019-04-20
    藪野健「時空散歩」展
    ローズマリーさんのお誘いで多摩美術大学美術館で開催されている藪野健「時空散歩」展へ行ってきました。身近にあり過ぎてひっそりと佇ずんでいる美術館、初めて入館しましたこんな機会でもなければ縁がなかった…今日のイベント 対談:「町を描くこと、

  • 2019-04-03
    「福沢一郎展」
    東京国立近代美術館で開催中の
    「福沢一郎展  このどうしようもない世界を笑いとばせ」に行って来ました。
    https://www.momat.go.jp/
    前衛画家・福沢一郎(1898-1992)の大規模な回顧展が竹橋の東京国立近代美術

  • 2019-03-17
    五浦の地を訪ね、天心の眼差しに触れる
    茨城県五浦にまいりました。
    この地を終の住処とした岡倉天心の書籍「茶の本」を読み、それから30余年ずっと訪れたいと思っていた場所です。
    多摩美術大学美術館とあそぶ特別講座で連れて行っていただきました。
    茨城県天心記

投稿日: 2019年08月30日01時49分28秒
携帯電話で読む(QRコード)
この記事を携帯電話で見る (QRコード)