ごあいさつ


インターネットには様々な情報が氾濫し、海外の情報も簡単に入手できるようになりました。しかし、自分の住んでいる近所の情報をインターネットで探そうとすると、情報が見つからなかったり、見つかってもその情報にたどり着くまでかなりの時間を費やしてしまったりすることが多いように感じています。

普段の生活を振り返っても、毎日の通り道は驚くほど変えることがなく、自宅と駅との間の決まった道の状況はそれなりに分かるものの、一本裏道に入ったり、駅と反対側に少し行ったりしたところの状況は意外と何も知らなかったりします。たまに日常の決まり切った道をはずれて散歩をしてみると、知らない建物が建っていたり、新しい店が開いていたりと思わぬ発見があるものです。

子供がいなければ近所の小学校の運動会がいつ行われるとか赤組が勝ったとかいう話はどうでもいいことかもしれません。実際そのようなことを知らなくても何不自由なく日々暮らせています。仮に五月晴れや秋晴れの日にふと運動会に想いが及んでも、検索して運動会の情報を探すほどでもないでしょう。でも、分かったら邪魔になるかと言えばそうでもないようにも思います。少しだけ日常が豊かに変わるような気がします。

地域のコミュニティ活動において自営業の方々が大きな役割を果たされていることは間違いのないところでしょう。しかし、新参者の立場では、地域の小売店や飲食店は何となく敷居が高く、煩わしさのないスーパーやコンビニなどに行きがちになり、結果として地域コミュニティに関わるきっかけがつかめない方も多いのではないでしょうか。

R500mは「ご近所便利帳サービス」として、ユーザーの自宅の近隣の情報にこだわって徹底的にサポートしていきます。そして、ユーザーの日々の生活が地域との関わりの中で少しでも豊かになることを目指してまいります。

まだ、始まったばかりのサービスで至らない点も多々あろうかと思います。

皆さんのご要望、ご指摘を賜りながら改善に努めて参りますので、お引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

株式会社R500M
代表取締役 丹治 和男