R500m - 地域情報一覧・検索

柿衞文庫

(R500M調べ)
R500m トップ >遊・イベント >博物館・美術館 >兵庫県の博物館・美術館 >兵庫県伊丹市の博物館・美術館 >兵庫県伊丹市宮ノ前の博物館・美術館 >柿衞文庫
地域情報 R500mトップ >伊丹駅 周辺情報 >伊丹駅 周辺 遊・イベント情報 >伊丹駅 周辺 博物館・美術館情報 > 柿衞文庫住所・地図周辺情報ブログ一覧ホームページ更新情報
Share (facebook)
柿衞文庫 (博物館・美術館:兵庫県伊丹市)の情報です。柿衞文庫 に関するブログでの評判やオフィシャルページの更新情報、住所・電話番号・地図などの最新情報がご覧いただけます。

柿衞文庫に関連するブログ

  • 2018-09-06
    かきもりトピックス(2018.9.6更新)
    ◎今年も49歳以下のかたを対象にした若手による若手のための俳句講座「俳句ラボ」を開講しています。次回は、10月14日(日)の午後2時から開催です。お問合わせ・お申込みは、柿衞文庫(072-782-0244)まで。
    ◎2階の俳句資料室では、俳

  • 2018-08-23
    第28回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定
    柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。本年度は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門におい

  • 2018-08-19
    ねんてんの言葉談義「芭蕉の手紙と絵手紙」     (2018.10.24)
    秋季特別展「芭蕉の手紙」(会期:2018.10.6~11.11)をさらに楽しんでいただくために、「芭蕉の手紙と絵手紙」というテーマで、日本絵手紙協会公認講師の内藤美穂氏をお迎えし、お話をうかがいます。柿衞文庫理事長の坪内稔典との対談もござい

  • 2018-08-19
    秋季特別展「芭蕉の手紙」
    「芭蕉の手紙」
    神戸大学名誉教授 堀 信夫氏
    ・日程:2018年10月19日(土)午後2時〜午後3時30分・講座料:一般1500円、大高生1000円、友の会会員500円(要申し込み、柿衞文庫にお申し込みください)
    「芭蕉

  • 2018-08-19
    冬季特別展「どうぶつ俳句の森」
    「生きものたちの四季」
    南風共同主宰 津川 絵理子氏
    ・日程:2018年11月28日(水)午後2時〜午後3時30分・講座料:一般1500円、大高生1000円、友の会会員500円(要申し込み、柿衞文庫にお申し込みください)

  • 2018-08-15
    第15回鬼貫青春俳句大賞募集【2018年11月15日(木)必着】
    芭蕉(ばしょう)とほぼ同じ時代を生きた郷土伊丹の俳人 上島鬼貫(うえしまおにつら)は10代からさかんに俳句を作り、自由活発な伊丹風の俳句をリードしました。そこで、柿衞文庫では、今日の若い俳人の登竜門となるべく「鬼貫青春俳句大賞」を2004年

  • 2018-07-10
    総務政策常任委員協議会
    ■総務政策常任委員協議会
    出資法人等のH30年度事業概要および予算概要ということで、下記団体の報告を受けました。
    ・(公益財団法人)いたみ文化スポーツ財団
    ・伊丹まち未来(株)
    ・(公益財団法人)柿衞文庫
    「いたみ文化スポーツ財団」は、昨
    続きを読む>>>

  • 2018-06-30
    [講演][イベント][全業績]俳句史を考える  (大阪俳句史研究会総会)
    ■兵庫県伊丹市柿衞文庫1階会議室、2018.6.30、15:00-16:30。
    ■大阪俳句史研究会総会の一環で、坪内稔典氏と青木の対談。俳句史とは、何をもって俳句史と見なすか等を語り合った。

  • 2018-05-19
    伊丹市立美術館
    ソール・ライター展が開催されていた伊丹市立美術館。
    初めて行ったのですが、とても素敵な場所でした。
    設計は坂倉建築研究所大阪事務所で、1987年に開館。
    古くから「酒の町」として発展した風情を今に残す町並みの中、敷地内には四季折々の風情が楽

  • 2018-05-19
    伊丹市立美術館
    ソール・ライター展が開催されていた伊丹市立美術館。
    初めて行ったのですが、とても素敵な場所でした。
    設計は坂倉建築研究所大阪事務所で、1987年に開館。
    古くから「酒の町」として発展した風情を今に残す町並みの中、敷地内には四季折々の風情が楽

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | next >>

柿衞文庫のホームページ更新情報

  • 2018-09-15
    第15回鬼貫青春俳句大賞募集【2018年11月15日(木)必着】
    第15回鬼貫青春俳句大賞募集【2018年11月15日(木)必着】芭蕉(ばしょう)とほぼ同じ時代を生きた郷土伊丹の俳人
    上島鬼貫(うえしまおにつら)は10代からさかんに俳句を作り、自由活発な伊丹風の俳句をリードしました。そこで、柿衞文庫では、今日の若い俳人の登竜門となるべく「鬼貫青春俳句大賞」を2004年から募集し、今年で15年目を迎えます。一昨年からは、10代のかたを対象にした敢闘賞を新設し、高校生からのご応募も増えています。今年も若い世代の皆さんの意欲的な作品をお待ちしています。
    10月14日(日)

  • 2018-09-09
    初公開 智月あて芭蕉の書簡について
    初公開 智月あて芭蕉の書簡について新出の智月あて芭蕉書簡(個人蔵)を特別展「芭蕉の手紙」(10月6日~11月11日)で初公開します。

  • 2018-09-02
    《日本のくらしをきく》シリーズ「猟師にきく 山の話」を開催します!(2018.9.8)
    《日本のくらしをきく》シリーズ「猟師にきく 山の話」を開催します!(2018.9.8)

  • 2018-08-25
    第28回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定
    第28回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。本年度は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門において、鬼貫賞4句、佳作40句、入選160句が決定しました。《日本のくらしをきく》シリーズ「猟師にきく 山の話」を開催します!日本のくらしにまつわる多方面の専門家をゲストにお迎えし、俳人
    宇多喜代子氏(現代俳句協会特別顧問)が率直な質問をなげかけてお話をうかがうシリーズ。今回は猟師の千松信也(せんまつしんや)先生をお迎えします。

  • 2018-08-18
    第15回鬼貫青春俳句大賞募集【2018年11月15日(木)必着】
    第15回鬼貫青春俳句大賞募集【2018年11月15日(木)必着】芭蕉(ばしょう)とほぼ同じ時代を生きた郷土伊丹の俳人
    上島鬼貫(うえしまおにつら)は10代からさかんに俳句を作り、自由活発な伊丹風の俳句をリードしました。そこで、柿衞文庫では、今日の若い俳人の登竜門となるべく「鬼貫青春俳句大賞」を2004年から募集し、今年で15年目を迎えます。一昨年からは、10代のかたを対象にした敢闘賞を新設し、高校生からのご応募も増えています。今年も若い世代の皆さんの意欲的な作品をお待ちしています。

  • 2018-08-16
    9月9日(日)の午後2時から開催です。お問合わせ・お申込みは、柿衞文庫(072-782-0244)ま・・・
    9月9日(日)
    の午後2時から開催です。お問合わせ・お申込みは、柿衞文庫(072-782-0244)まで。

  • 2018-08-09
    伊丹と近代の俳人たちー鬼貫(おにつら)をめぐって
    伊丹と近代の俳人たちー鬼貫(おにつら)をめぐって高浜虚子や河東碧梧桐などの近代の俳人たちが伊丹を訪れたエピソードや、江戸初期に活躍した俳人鬼貫にまつわる近代俳人たちを紹介します。
    ◎「伊丹と近代の俳人たち~鬼貫をめぐって」展担当学芸員によるギャラリートークを8月28日(火)午後2時より開催いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。(要入館券)

  • 2018-08-07
    第27回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定
    第27回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。本年度は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門において、鬼貫賞4句、佳作40句、入選168句が決定しました。

  • 2018-07-10
    を開講しています。次回は、
    を開講しています。次回は、
    8月12日(日)
    の午後2時から開催です。当日は「運動会」「赤蜻蛉」「自信のある初秋の句」の計3句を作ってご参加ください。お問合わせ・お申込みは柿衞文庫(072-782-0244)まで。

  • 2018-06-15
    五感で楽しむ俳句
    五感で楽しむ俳句月の光や虫の声、花の香りなど人間が持つ五つの感覚(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)に訴えかける句を直筆作品でご紹介します。俳人たちの感覚に触れることで見えてくる俳句の世界をお楽しみください。第14回鬼貫青春俳句大賞に茨城県の田中大河さん15歳以上30歳未満(1988年生まれから2002年生まれ)の若手俳人の発掘、登竜門として、柿衞文庫の開館20周年を記念し、平成16年に設けられた「鬼貫青春俳句大賞」。第14回目をむかえる本年の大賞、優秀賞、敢闘賞が12月16日に決定しました。
    ◎今年も49歳以下のかたを対象にした
    を開講します。初回は、
    7月8日(日)
    の午後2時から開催です。どうぞお気軽にご参加ください。お問合わせ・お申込みは柿衞文庫(072-782-0244)まで。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | next >>

柿衞文庫 の情報

スポット名
柿衞文庫
業種
資料館、記念館、博物館、科学館
最寄駅
伊丹駅
住所
〒6640895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
TEL
072-782-0244
ホームページ
http://www.kakimori.jp/
地図

携帯で見る
R500m:柿衞文庫の携帯サイトへのQRコード

2011年08月17日17時58分55秒