R500m - 地域情報一覧・検索

道の駅 日義木曽駒高原 2017年11月の記事

R500m トップ >交通 >道の駅 >長野県の道の駅 >長野県木曽郡木曽町の道の駅 >長野県木曽郡木曽町日義の道の駅 >道の駅 日義木曽駒高原
地域情報 R500mトップ >原野駅 周辺情報 >原野駅 周辺 交通情報 >原野駅 周辺 道の駅情報 > 道の駅 日義木曽駒高原 > 2017年11月ブログ一覧ホームページ更新情報
Share (facebook)
道の駅 日義木曽駒高原 に関する2017年11月の記事の一覧です。

道の駅 日義木曽駒高原に関連する2017年11月のブログ

  • 2017-11-13
    車中泊 DE 長野【1日目】②
    おはようございます、大分寒くなってきましたね。ソロソロコタツなどを出してもよいかなと思う今日この頃です。 暗い中ワンコの散歩も完了してきました。 かなり寒いのですが、犬は元気です。 今日から遅い夏休み明けということで

道の駅 日義木曽駒高原2017年11月のホームページ更新情報

  • 2017-11-25
    2017年11月21日「すんき」ってなあに?
    2017年11月21日「すんき」ってなあに?2017年11月20日当駅製のGIすんき(木曽駒旬彩工房製)を売店で発売開始しました!!■「すんき」ってなあに?
    今年、農林水産省のGI(地理的表示保護制度)登録となった「すんき」。この木曽伝統の味「すんき」に関するお問い合わせが年々増えてきております。「すんき」は塩も、酢も、砂糖も使わずに植物性乳酸菌のみで、木曽在来種の赤かぶの葉茎を伝統手法で発酵させたシンプルな漬物(正確には乳酸発酵食品)です。
    地元の木曽では各家庭で冬の味として親しまれてきました。そのまま削節としょう油をかけて食べる。或いは、かけそばに載せて、味噌汁に入れて、納豆と混ぜて等々様々な形で食材として利用されて来ました。
    GI登録を契機に関心が深まっておりますので、パンフレット等で、食べ方などを含めご紹介したいと思います。 <以下PDFでご紹介します。>GI登録のお知らせすんきレシピ1GIパンフ表GIパンフ裏■当駅製のGIすんき(木曽駒旬彩工房製)を売店で発売開始しました!!
    お待たせしました!11月19日(土)当駅売店では、木曽の冬を告げる味として年々人気上昇中の「すんき」の販売を開始しました!「すんき」は木曽の伝統食でありながら植物性乳酸菌の宝庫とも云われ、長年の研究の結果「百数十種類の乳酸菌によりカラダにとても良い機能性を備えている」ことが広く知られてきました。
    しかし、これと並行して最近は木曽以外で生産された類似商品が多数出回り始めたため、木曽産すんきの正規品を保護する必要が生じ、昨年から長野県と木曽地域の生産団体が一体で木曽ブランドとして保護する取り組みを進めてきました。
    続きを読む>>>

  • 2017-11-03
    2017年10月30日木曽駒高原特産「2017権兵衛いも収穫祭」11月4日(土)10:00開催!
    2017年10月30日木曽駒高原特産「2017権兵衛いも収穫祭」11月4日(土)10:00開催!2017年10月30日木曽駒高原特産「2017権兵衛いも収穫祭」11月4日(土)10:00開催!

道の駅 日義木曽駒高原の最寄駅周辺のスポットを探す