地域情報の検索・一覧 R500m

10月の行事食

R500m トップ >健康・美容 >病院 >兵庫県の病院 >兵庫県小野市の病院 >兵庫県小野市復井町字中ノ池の病院 >栄宏会土井病院
地域情報 R500mトップ >青野ヶ原駅 周辺情報 >青野ヶ原駅 周辺 健康・美容情報 >青野ヶ原駅 周辺 病院情報 > 栄宏会土井病院 > 2020年10月
Share (facebook)
栄宏会土井病院栄宏会土井病院(青野ヶ原駅:病院)の2020年10月18日のホームページ更新情報です

10月の行事食
2020/10/12
10月8日(木)に「秋の味覚御前」と銘打って特別メニューが提供されました。松茸や栗、さつま芋を使用したメニューで、患者様は秋の味覚に舌鼓を打っておられました。
また、日本酒を使用したケーキも提供され、ケーキに日本酒が入っていると聞いて驚いておられた患者様もいらっしゃいました。
今後も患者様に笑顔になって頂けるような食事を提供していきたいです。

※この記事は対象ページの更新箇所を機械的に抽出することでによって自動作成されました。
抽出結果には不適切な内容が含まれることがあります。
詳細は対象ページでご確認ください。

栄宏会土井病院

栄宏会土井病院のホームページ 栄宏会土井病院 の詳細

〒6751352 兵庫県小野市復井町字中ノ池1723-2 

栄宏会土井病院 のホームページ更新情報

  • 2020-10-18
    10月の行事食
    10月の行事食
    2020/10/12
    10月8日(木)に「秋の味覚御前」と銘打って特別メニューが提供されました。松茸や栗、さつま芋を使用したメニューで、患者様は秋の味覚に舌鼓を打っておられました。
    また、日本酒を使用したケーキも提供され、ケーキに日本酒が入っていると聞いて驚いておられた患者様もいらっしゃいました。
    今後も患者様に笑顔になって頂けるような食事を提供していきたいです。

  • 2020-10-01
    花火鑑賞会!
    花火鑑賞会!
    2020/09/29
    今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各地の花火大会が中止となりました。そのため、花火を見ることが出来なかった患者様のために、昨年の花火大会の映像をプロジェクターで投影して鑑賞する会を開催しました。
    また、映像だけでなく、花火の音もスピーカーから大きめの音で流し、音も体で感じて頂くようにしました。鑑賞された患者様の中には、花火が上がるたびに拍手をして喜んでおられる方もいらっしゃいました。
    今年は映像でしか花火をみることはできませんでしたが、患者様に少しでも夏の雰囲気を感じて頂ければ幸いです。

  • 2020-09-25
    毎年恒例の秋祭りを行いました
    毎年恒例の秋祭りを行いました
    2020/09/18
    病棟、栄養科、リハビリテーション科で協力し、季節ごとにイベントを開催しています。今回は、屋台や飲食店を出し、秋祭りを開催しました。
    回復期リハビリテーション病棟では、どんな患者様でも楽しんで頂けるよう、輪投げや射的、たこ焼きのブースを設営。記念撮影のコーナーも用意し、はっぴを着て頂いた姿を撮影したりもしました。また、BGMとして祭囃子を流したり、花火大会の映像も流したりして大変盛り上がる時間となりました。
    いつもリハビリに励む患者様が少しでも息抜きができる時間になり、また職員にとっても楽しまれている患者様の表情を見ることができ、とても嬉しく思います。患者様にひと時でも楽しんで頂き、日々のリハビリにより一層励んでもらえるよう今後もこのような機会を作っていければと思います。

  • 2020-08-26
    新たな歩行補助具を導入しました
    新たな歩行補助具を導入しました
    2020/08/24
    リハビリテーション科では、患者様がより安全に立ち上がり練習や歩行練習などを行えるよう設置式リフトとジャケット型吊り具を導入しました。
    脳血管障害などで麻痺が生じ、歩くことが難しい患者様に対して、身体が支えられることで歩きやすく、転倒の不安もなく、早期から歩行練習を行い、身体機能の回復を促すことができます。
    また、足を骨折した患者様に対しても、足にかかる体重を少なくすることで、痛みを少なくして歩行練習を行うとこができるようになりました。
    患者様がより安全に安心して身体機能の改善を促進できるよう日々研鑽してまいります。
    続きを読む>>>

  • 2020-08-14
    地域資源を知り、活用しましょう
    地域資源を知り、活用しましょう
    2020/08/11
    土井病院・地域リハビリテーション活動チームは2018年に発足し3年目を迎えました。
    本来であれば、各市町で実施されている介護予防体操教室等に積極的に出向き、健康講話や体操の指導を行っているところですが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴い地域活動が自粛傾向にあります。
    そこで、地域資源について少しでも皆様に知ってもらうために『地域資源』についてのポスターを作成しました。
    高齢者の生活を支えるサービスは「介護保険」が有名ですが、それ以外にもたくさんの「公的サービス」、「民間サービス」が各市町にはあります。
    続きを読む>>>

  • 2020-08-06
    2020/07/31兵庫県下において神戸市内や大阪府に近隣する阪神間のみならず加東健康福祉事務所管内・・・
    2020/07/31
    兵庫県下において神戸市内や大阪府に近隣する阪神間のみならず加東健康福祉事務所管内(北播磨地域)でも多数の患者の発生がみられ、第2波の襲来といわざるを得ないような状況が現出しつつあるものと認識しており、当院としても感染防止に万全の体制を整えていきたいと考えております。
    つきましては当院の患者様の大多数が高齢者であることに鑑み、2020年8月3日より当分の間、入院中の患者様への外部からの面会については全面的に禁止する方針と致しました。また同様の趣旨として外泊、外出も禁止致します。
    ご家族様・関係者の皆様には大変なご不便とご迷惑をおかけすることになりますが、患者さまを感染から守るため、皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い致します。
    ※主治医や病棟等から呼び出しがある場合を除きます。患者さまを感染から守るため、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。その際、院内では手洗い・手指消毒、マスクの着用をお願い致します。マスクは事前にご準備の上、ご来院いただきますようお願い致します。
    土井病院
    続きを読む>>>

  • 2020-07-24
    リハビリテーション科勉強会!
    リハビリテーション科勉強会!
    2020/07/24
    リハビリテーション科では毎月リハビリテーション科全体の勉強会を行っています。
    4月は循環器や呼吸器と血液データの見方、5月は臥位での良姿勢と不良姿勢について、6月は臨床研究の方法について、7月は脳の機能解剖について行いました。
    すぐにリハビリに活用できるものから、知識として身につけておく必要がある内容まで幅広く行っています。
    勉強会を通じて知識・技術を研鑽し、患者様により良いリハビリテーションを提供できるようにしていきたいです。
    続きを読む>>>

  • 2020-07-10
    回復期リハビリテーション病棟での取り組み
    回復期リハビリテーション病棟での取り組み
    2020/07/08
    当院の回復期リハビリテーション病棟では、リハビリ室だけでなく病棟でのリハビリも積極的に行っています。
    普段生活しておられる病棟で生活動作の練習をすることで実生活に繋げやすく、また看護師や介護士にもリハビリの様子をみてもらうことで、
    患者様ができることを多職種間で共有し、生活の中で最大限の能力が発揮できるよう介入しています。
    今後、さらにチームでの取り組みを強化し、患者様の回復に合った関わりをしていきたいと考えています。
    続きを読む>>>

  • 2020-06-29
    ママ・パパセラピストもやりがいを持てる職場を目指して
    ママ・パパセラピストもやりがいを持てる職場を目指して
    2020/06/26
    当院では、リハビリテーション科スタッフ45名のうち、子育てしながら勤務している女性スタッフが13名(非常勤、パート含む)、男性スタッフが5名在籍しています。妊婦さんも6月現在で3名勤務しています。
    ママセラピストのうちフルタイムで働いている職員も多く、育児についての悩みや不安も相談しやすくワークライフバランスも保たれているので、働きやすい職場です。
    また福利厚生が充実しており、りあんず保育園、りあんずアフタースクール(学童)があります。小野市内に施設があり、病院と保育園や学校と学童保育を結ぶ送迎バスもあります。
    また、育児休暇が取得しやすく、復帰後も安心して働けるという声をよく耳にします。今後は、妊娠しているセラピストや子育てしているセラピストがよりやりがいを持って働くことができる職場にしていきたいと思います。
    続きを読む>>>

  • 2020-06-21
    NST(栄養サポートチーム)の活動
    NST(栄養サポートチーム)の活動
    2020/06/17
    当院では、栄養障害がある、食事に問題がある、床ずれがあるなどの患者様について支援する栄養摂食褥瘡委員会の活動を行っております。
    その委員会の中でNST(栄養サポートチーム)というチームが患者様の栄養障害について、改善するよう働きかけています。
    回復期リハビリテーション病棟の患者様を中心に、急激な体重変化がないか、体重が基準値より大きく外れていないか等をチェックし、必要に応じて栄養面の支援を行い、より早い栄養状態の回復を促しています。
    今後も医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士、リハビリスタッフが一丸となって、スムーズな患者様の在宅復帰を目指していきます。
    続きを読む>>>

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | next >>
投稿日: 2020年10月18日03時57分47秒
携帯電話で読む(QRコード)
この記事を携帯電話で見る (QRコード)